ネーミングは企業の遺伝子 だから、私たちは戦略的な視点でネーミングを作成します。

戦略ネーミングのコンセプト

社名や商品名、サービス名など、企業におけるネーミングは、その企業、商品の目指すべきところがしっかりと反映されている必要があります。
それは、遺伝子にその生物のすべての情報が組み込まれているのと同じです。
ネーミングには目指すべき姿、思いが充分に反映されていなければなりません。
ネーミングはあるべき企業、商品に成長させるための方向を示す地図です。
だからこそネーミングには戦略的な発想が不可欠であり、企業にとって遺伝子を創造するのに等しい取り組みであると私たちは考えています。

私たちが創るネーミングのポリシーとは

  • ネーミングは始まりではなく、到着点を示す
    あるべき姿、目指すべき事象を表現します
  • ネーミングはランディング活動の中心である
    ブランディング活動の根幹として位置づけます
  • ネーミングにいたる道筋を明らかにする
    発想から法的課題クリアまで示します

ネーミングは、単純に語感が良い、特定の意味をつなげることでも成立する場合があります。また、単純に好きな言葉を利用する場合もあります。確かに、ネーミングに決まりはなく、自由に作ることができます。
しかし、ネーミングをどのように位置づけるかで、使用する言葉は変化します。
例えば、どうしても使いたい言葉がある場合、なぜ、その言葉を使用したいのか、その理由を考えることが重要です。
そこには必ず内在する意味があります。
ネーミングはいわば、その意味を発掘する作業でもあるのです。